お洒落なデザイン

寺と木魚

数年前までは墓石は縦に長い石でできた、いわゆる和型墓石が主流となっていました。最近増えてきているのが、縦よりも横に長い形の洋型墓石です。 洋型墓石の特徴として地震などで墓石が崩れにくいことや、デザインがモダンであることがあげられます。そのため洋型墓石を選ぶ人の人口は増加の傾向にあります。 また墓石に刻む文字には決まりがなく、よく見かける「何々家」や「何々家之墓」などではなく、故人の個性を表す文字や「絆」など、一文字で意味のある漢字を刻むケースが増えてきています。 文字だけではなく故人の好きだった物の絵を彫ってもらうケースなど、以前は考えられなかった、遊び心のあるユニークなデザインの物が増えてきていますので、楽しくオリジナルの物を造ることができます。

墓石は、葬儀をする際に必要になってきます。納骨する時に必須になってくるために、購入しなければなりません。しかし、墓石は簡単に購入することが出来るほど安くないために、それほど気軽に購入することはできません。 しかし、最近では墓石でもローンを組む事が出来る業者も存在するために、一律の料金を月々に支払っていく事によって購入の際の悩みを解決してくれます。 また、霊園によっては非常に小さい墓石を販売している事があり、そういった墓石は夫婦ないしは、個人の分しか納骨することが出来ないために非常に安い料金で購入することが出来ます。普通の墓石に比べると今では小さい墓石の方が主流になりつつあるために、トレンドでもあります。